新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 招呼の際の現象

06月≪ 2018年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2012.07/05(Thu)

招呼の際の現象 

 昨日の夕方、散歩の際に「招呼」の練習をした時にがっかりしたことがありました。


・ スワレ・マテさせて離れて行く途中で振り返って見ましたら、何とフセしているのです。こんなことは初めてのことでした。慌てて犬の許に戻ってスワレをさせました。
アランに老化現象が出てきたのではないかと少々心配になりました。

・ スワレ・マテで離れて、向き合い、しばらくそのままで、招呼せずに犬の許に戻ろうとしまして、途中まで戻っていましたら、アランは座った位置から動いてしまいました。何もしないで戻って来たので、昔叱られたことがトラウマになっているのかも知れません。
これからはこういうことが起こらないように注意しなければいけないとつくづく思いました。


・ 尚、スワレ・マテをさせて離れて行くときに、「前にズズット動く件」については、それをしないように注意していまして、その後は問題なく過ごしています。









スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  11:22 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。