新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 腰のその後

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2012.07/21(Sat)

腰のその後 

 18日13時50分に神経根ブロックを受けて、約3日(72hr)が経ちました。

 72hr経っても痛みの再発は今のところ出ていません。左腰が痛かったときは、その痛みの激しさに負けてそればかりが気になっていました。ところが、その痛みが軽くなったことによって、左脚の膝のあたりに違和感を感じるようになりました。この違和感は元々あったもののようですが、左腰の痛みに一種のマスキングされて気づかなかったもののようです。

 ただ、今回服用しだしたトラムセット配合錠の副作用らしい現象が現れています。
なんだか気分が優れないのです。風邪の初期のような感覚で、横にばかりなっています。



トラムセット配合錠で検索して見ますと、次、


A.この薬の作用と効果について

 中枢神経系に作用し、鎮痛作用を示します。
通常、非オピオイド鎮痛剤で治療困難な非がん性慢性疼痛、抜歯後の疼痛の治療に用いられます。


B.用法・用量(この薬の使い方)

 非がん性慢性疼痛:通常、成人は1回1錠を1日4回服用します。投与間隔は4時間以上空けてください。なお、症状に応じて適宜増減されますが、1回2錠、1日8錠を超えません。空腹時の服用は避けてください。


C.この薬を使ったあと気をつけていただくこと(副作用)
 主な副作用として、吐き気、嘔吐、傾眠、便秘、めまいなどが報告されています。






スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  14:22 |  その他  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |