新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) ヤキモチ焼き

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2012.08/13(Mon)

ヤキモチ焼き 

 他人様のブログ、

http://tansokudatte.blog.fc2.com/

には、8月10日付けにて、「末っ子の世渡り」と題して、ルークと称するマルチカンの子の記事が出ていました。


 記事をコピペさせていただきます。

『我が家に来た時からとっても自分中心な子で、世界はボクのために廻っているとでも思っているかも!
他の子が自分より可愛がってもらうなんて許せない!。とってもヤキモチ焼きな子だから。
他の子の名前が呼ばれると、文句タラタラ言いながら駆けつけてくる。
レオンの名前を呼んで撫でていたら、遠くからニャーニャー言いながらやって来た!。
これがいつもいつもなんです。
自分の名前を呼ばれるよりも、他の子の名前を呼んだ時のほうが早く飛んできます。』(



 この記事のように「他の子が自分より可愛がってもらうなんて許せない! とってもヤキモチ焼きな子だから、」という 記事を見て、猫も犬と同様にヤキモチ焼きがいるのかと、親しみを覚えました。

 
 アランは実にヤキモチ焼き屋で、私が兄イヌのアスピや弟イヌのラヴィを呼んだり、しますと吠えて激しく反応しますし、2頭にさわろうとしたりしますと、 ワンワン吠えてあいだに割り込んで来て、身をすり寄せ自分に触れと訴えてきます。 身体に触ってむちゃくちゃに撫でてやりますと、ますます身体をすり寄せて甘えます。
散歩の途中でも、他のイヌに触ろうとしますと同じような行動をとります。

 それが可愛くて鼻の下を伸ばしていますし、そんなアランがますます可愛くなって余計に体を撫で回してやりたくなります。

 アランは自分の感情をしっかり伝えてくれる子なのでしょう。こんな存在は、 やっぱり可愛いし大事にしてあげたくなります。







スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:16 |  犬の性格  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |