新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 17日の「動物フェスティバルinかしわ2012」―その2

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2012.09/22(Sat)

17日の「動物フェスティバルinかしわ2012」―その2 

 17日(敬老の日)の「ららぽーと柏の葉」の続編です。


05.トイレのしつけ
・ ハウストレーニングで治る。(見ていれば中でやるが、見ていないときに端にする。)
・ ハウス!でハウスに入り、okを云うまで出ない。
・ ケージではダメ。クレート使用のこと。
・ しつけ不徹底のまま室内放任しているので失敗している。


06.愛犬のしつけ方
・ 犬を見ないようにする。(見る側が下の位になる。)
・ 顔を向けても目を合わさないこと。
・ 犬にしゃべりかけない。
・ そうすると、ストーカーみたいに付いて回るが、座った瞬間に褒める。
・ 触りすぎない。(褒められる感覚がうすくなる。)


07.褒め上手。
・ 必ずアイコンタクト。そこでヨーシ!、グッボーイ!の一言を褒め言葉に決める。
・ ほめ方は10パターンある。
・ 絶対に叱らない。
・ ワンタッチ&ワンフレーズ。アイコンタクトしたらエサを一欠片やって、鼻から首の後ろを撫でながらヨーシ!とほめる。
・ 以下省略


08.ノーズtoノーズ
・ アイコンタクトの鉄則。
・ 肝心な所なので省略。


09.服従心を養う「抱っこ」
・ お腹を出させて抱っこし、片手で胸を押さえもう一方の手で急所をグッと押さえる。(急所とは睾丸付近)
・ こうすると、どんな犬でもおとなしくなる。
・ ワンタッチ ワンボイス
・ 名前を呼んで目を見たら褒めて急所をグッと触る。
・ 犬が自分からお腹を見せたときには触らない。(可愛いから思わず触りたくなるが我慢すること。)


10.いろんな場所、状況でノーズtoノーズをすること。


11.視符だけで動作させ、必ず集中させておく→目を見たら褒める(ヨーシ!)

12.チョークチェーン
・ 訓練には、首輪やハーフチョークチェーンは不可。
・ チェーンが長すぎてはダメ。
・ 普段訓練以外のときは首輪。
・ クレートから出しチェーンを付けたら訓練モードに入るようにする。
・ クレートを出たときが勝負。


13.しかり方
・ やった瞬間にしかること。やっちゃった後ではダメ。
・ 執着的臭いかぎの矯正、即ち「しかり」は一人では出来ない。
・ 以下機微に触れるので省略

14.省略


 アランの要矯正点についても具体的に質問し、回答をいただきました。ここでは「省略」していますが、「全文」をお知りになりたい方は、

  K1t-aspi@hotmail.co.jp (k1tの1は数字の半角の一(イチ)です。)

まで、メール下さればご連絡のこととさせていただきます。









スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:33 |  指導手研鑽  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |