新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 23日は終日雨・神栖へ他行

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2012.09/26(Wed)

23日は終日雨・神栖へ他行 

 去る23日には犬3頭の世話を娘に任せて、8時半頃に出発して銚子近くの神栖まで行ってきました。

 腰は痛いには痛いのですが我慢出来なくは無い程でした。しかし、歩いているときはともかく、靴を脱ぐ時や履くときに片足になったときには妻に肩を貸して貰わなければ不安定な状態でした。

 神栖滞在中や道中往復とも雨は止むことなく降り続き、また時には豪雨的な降り方さえしました。夕方17時頃には帰宅したのですが、スリーワンコの喜び様もこれ以上ないものでした。

 往復とも利根川の右岸(川下に向かって)を通りました。昔ゴルフをやっていたころはこの道路のお世話に随分なりました。一部の道路幅はゴルフをやっていた時に比べて拡幅されたようです。下流に行くと「スーパー堤防」の表示が出てくるのですが、この部分は堤防の厚さを広くして洪水に強くし、併せて道路の拡幅を図ったようです。ただ残念なことは「スーパー堤防」の施工範囲はごく一部に限られていて、「旧来の堤防部分」がある限り、洪水による堤防決壊の危険は全体として軽減されたとはいえないことです。全国的にもこの傾向は顕著で、現在まで施工率数%?らしいです。しかし、完成までには400年かかりそうだとのことで、財政逼迫の折り見直される?乃至すでに見直した?ようなニュースを聞いたような気がします。(次に政権が代わることでもあると、又見直しがされるかも知れません。何しろ建設族、公共投資族の最大の権益の一つですから。)

  
 スーパー堤防についてはこちら→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A0%A4%E9%98%B2
及び→http://news020.blog13.fc2.com/blog-entry-998.html

をご覧になって下さい。



 帰りに霞ヶ浦にかかるあたりの料理店で「ザリガニ入荷しました」という看板を見ました。悪役外来種の代表的な存在である「アメリカザリガニ」を食するところがあるのでしょうか。それとも、この「ザリガニ」は「アメリカザリガニ」とは種類を異にするものでしょうか。不思議に思いました。
 帰宅後net検索で調べてみますと、アメリカでは「ザリガニ」は「牛ガエル」ともに食用に供されており、食べておいしいそうで食用の販売もされているそうです。詳しくはこちら→(http://blogs.yahoo.co.jp/japangibier/24767332.html)をご覧下さい。





スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  07:23 |  その他  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |