新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 朝の自主練

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2012.10/03(Wed)

朝の自主練 

 昨朝は比較的涼しかったのと腰痛の具合が大分良かったので7時半頃に自主練しました。


最近は気をいれた訓練は行っていませんし、レッスンにも通っていません。
レッスン法をいろいろ考えてみたのですが、所詮素人のこと故一番有効な効き目のある訓練法が分かる筈もありません。それで取り敢えず犬の先読み(アランには殆どありませんが)防止法として、

01.必須7科目+常歩行進中の立止+選択2科目+常歩行進中の伏臥及び招呼※
   以上の11科目をno.1から一つおきにやっていく。
   (no.1、3、5、7、9、11、2、4、6、8、10)
02.以上の11科目をno.11から逆に一つおきにやっていく。
   (no.11、9、7、5、3、1、10、8、6、4、2)

03.以上の11科目をno.11から逆順にやっていく。
   (no.11、10、9、             、1)
04.以上の11科目をno.1から順番通りにやっていく
   (no.1、2、3、              、11)


※「常歩行進中の伏臥及び招呼」は下記の情報から自主練の科目に組入れることにしました。

 jkc本部秋期訓練競技会からは、(ブロック訓練競技会以上で行われている特別賞決定競技(理事長賞など)は、規定7課目を審査して最優秀犬を決定していました。
 しかしながら競技会によっては対象頭数が多くなり、かなりの時間を必要とすることと、課目のマンネリ化傾向があることから2012年秋の訓練競技会から以下のように変更となります。)


 理事長賞戦では、規定科目は「紐付き脚側行進」と「停座及び招呼」の2科目。
そして選択科目は、「紐なし脚側行進」、「伏臥」、「立止」、「常歩行進中の停座」、「常歩行進中の伏臥」及び「常歩行進中の伏臥及び招呼」の6科目の中から3科目となり、

① 選択科目については、6科目の中から当日の審査員長が3科目を決定する。
② 実施する5科目の順番は、審査員長が予め決定し、全犬同じ科目順で実地する。
③ 選択科目及び実施順番は、当日の朝に発表する。


 CD-Ⅱの科目については、もう数えられない位にやっていますので、大きな流れは間違える筈もありません。しかし、問題は細部のミス乃至こうしたら良いと思われる点です。合計44科目をやったのですが、ほぼ完全に出来たと思っています。
 ただし、アランの欠点である、気が散りやすい点については本番になってみないと分からないこと、ポカミスがいつ出るか、と、何といっても私の腰の具合如何かと考えています。

・ 指導手への集中の件・・・この自主練に関する限りではgood。
・ 他の犬に気が散る件・・・当朝は居なかったので確認出来ず。
・ イザリの防止・・・・・・招呼では停座して大人しく待てた。
              常歩行進中の停座では未確認。







スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:05 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |