新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 先日の出来事

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2012.10/16(Tue)

先日の出来事 

 去る12日に尋常ならざる事態が起こり、ブログは3日間休みました。13日の記事は予約投稿でした。来週になりましたら、今後もブログを継続するかあるいは中止せざるを得ないかの決断を迫られるものと思っています。


 そこで、今日は差し障りの無い話をしたいと思います。


 訓練の話はちょっと休んである日の余談を載せます。


 先日の夕方、脇道で訓練をしているとき、丁度「吠えろ」をやっているのを一人の男性が見ていました。右手の人差し指を縦に唇につけてホエロ!→ワン、ホエロ!→ワン、ホエロ!→ワンとやっていると、「良く出来ますね。いつも通りかかりに見させてもらっているのですが、よく出来ると感心しています。この「吠えろ」を覚えさせるのに「一番最初」はどのようにするのですか?」と訊かれました。
 今は何でもないように出来ていますが、「一番最初はどうしたのか」急には理路整然とは説明出来ませんでした。


 実は、「一番最初」はボールやエサで挑発をして、犬が挑発にのって興奮し「ワン」とはっきり吠えたら、すかさず「ホエロ!」と声を被せ、ご褒美を与えました。犬がホエロ!に対して吠えるようになったら都度ご褒美を与えるようにしました。
 こんな話は、犬を飼っていない人に話しても何の興味も無いと思っています。


 又、こんな話もありました。ずっと以前に、アランの脚側行進の動画を見られた方から、「拙宅の犬はアイコンタクトが取れず困っています。アランの脚側行進はすばらしいが、どうしたらあのように出来るのかそのコツを教えて欲しい」旨訊かれたことがありました。
でも、今の姿になるまでには、長く苦しい訓練の積み重ねがあったのであって、それを一言、やちょっとした文章で書き表すことは不可能なことです。








スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:21 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |