新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 16日から21日までの経過

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2012.10/26(Fri)

16日から21日までの経過 

 16日から21日までの経過を書いてみます。


16日:

 アランがガンだった場合、余命はどうなるのか、とか考えたりしました。このことは今の私にとってダメージがあまりにも大きくて、失うものがあまりにも大きすぎることに愕然とした気持ちがしていました。

長毛で肛門が見えず、便の具合だけ見て、肛門自体を見ていなかったことを後悔したりもしました。

 この上は、競技生活が出来なくとも1日でも長生きさせてやりたい、とか今後、ガンでなかった場合にも、訓練はほどほどにし、競技は遊びの延長程度にしようと思ったりもしました。

 
 早朝室内トイレで大量のウンチをしていました。又、朝散歩の折りにも2ケ(二玉)の形は整っているが、柔らかめのウンチをしました。今までは比較的固いウンチをしていたので、固いと傷口を痛めると思って軟便化薬を出してもらっていたのですが、その効き目はあったようです。


17日:

 昨晩は眠れず、昼間も頭は疲れていて、頭はぼんやりしているのに眠れなかった。鬱状の状態でした。

 アランの調子はよいようで、私が外出のときも玄関で見送ってくれるし、帰宅の時もワンワンと元気に吠えて歓迎してくれているようでした。

 今日は整体治療院に行きましたが、睡眠不足の所為で首筋、肩、腰、臀部等それこそ身体全体が凝っていることを指摘される始末でした。


19日:

 前夜眠った気はしませんでした。しかし、身体の懲りはそれ程激しくありませんでした。



20日:

 朝に歯科を受診し、その足で○○動物病院に行って、便緩和剤を貰って来ました。
昨晩は、睡眠は浅かったのでちょっと眠いのですが、身体はそれ程しんどくない状態でした。


21日:

 前夜、眠りが浅く、睡眠不足気味です。これもアランの病状を不安に思って、精神状態が鬱傾向の所為だろうと思われます。






スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  07:54 |  犬の病院関連  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |