新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 我が家の忠犬ハチ公

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2012.11/29(Thu)

我が家の忠犬ハチ公 

 我が家の“忠犬ハチ公”的存在は、外でもないアランのことなのです。

 アスピ(一番年長犬)はCD-Xまで取った犬ですが、3年強前9才の春に競技から引退させました。その後は、一切訓練はしていません。その後スワレとマテが出来れば日常生活には十分なようです。大抵のコマンドは2度掛けすると出来ますが、1声符(競技会では必須)では無理なようです。これらのことを教訓にして、ラヴィ(一番若造)は専ら愛玩犬としてスワレとマテだけ教え込みました。

 アランは今9才4ヶ月になりますから、アスピが引退した年齢を過ぎています。

 アスピはコマンドを確実に実行するが、動作が今一俊敏ではなかったので、競技会では良くて1席位までは行くのですが、それから上に勝ち上がるのは無理と考えて、競技はアラン一頭に絞ることにしたわけです。でも、現在、約9.5才のアランの動き自体はまだ俊敏な様な気がしています。


 昨日は15時15分から出かけて18時半頃に帰って来ました。その間、寒い玄関框付近でずっと私の帰りを待ってくれていたそうです。ワイフが“そこは寒いからこちらにおいで”と云ってリビングに連れて来ても、すぐに玄関に戻って私を待ち続けていたそうです。将に私の忠犬ハチ公です。

 私が出かけたときはいつもこのようにして見送ってくれ、長時間になってもずっと待ち続けているようです。

 こんな姿を見ると、その健気さが一層愛おしくなります。



 先に撮っていた写真をアップしてみます。この位置でフセして待っているのです。


アラン1



 アランはjkcの訓練実施要領の70余科目の内、50余科目はコマンドが利いて出来ますが、競技レベルの科目は15~25科目位で、あとは2声符なら出来る位です。








スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  10:35 |  その他  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |