新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 昨日迄の自主練を復習・自主練再開・4+12日目

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2012.12/21(Fri)

昨日迄の自主練を復習・自主練再開・4+12日目 

 昨朝も冷え込みが厳しくて、朝犬をトイレに連れ出したときは多分まだ氷点下だった筈です。これからはこの気温が益々下がっていくことでしょう。
 まだ小学生だった頃、冬休みが明けると寒さが本格化したように覚えています。北九州に隣接する地方だったのですが、北側に山脈が無いために、北風が諸に迫ってきて冬は結構寒くて雪も降りました。朝の内はまだ凍っているので、ズック靴でも大丈夫だったのですが、下校時には凍っていた雪が溶けてズック靴に染み込み足が物凄く冷たかった記憶が残っています。ただ、この記憶はあるのですが、それが小学何年生の頃のことかは定かではありません。戦争が終わったばかりで物資も乏しい頃のことでした。


 昨日は12時半ころ約25分間自主練しました。天気は快晴で、気温は8℃位?でした。弱風に近かったせいか、動いているとウインドブレカーを脱いでも汗が出る程でした。


 昨日もこれまでと変わらず、まず「紐付き」で次の4科目について、各科目を2回づつやり、次に「紐なし」でも繰り返し同様にしました。

・ 30秒間基本姿勢を取らせて、その際終始指導手を見上げ続けること。
・ 15mの直線の往復行進で往複とも常歩
・ 15mの直線の往復行進で往路常歩複路速歩
・ 一辺10mのコの字型のリンクの脚側行進


 次に、紐付きと紐なしを各1回やってお終にしました。


 訓練上の気づき事項は次、

・ 上を見上げていても、まだ、周囲を気にすることがあること。これは恐らく治らないのではと思っています。(特に、人が通りかかると、そちらが気になって、指導手を見上げてはいるのですが、眼が人の方に向いたりして気にしているのが分かります。)
・ 右曲がり及び左曲がりで10mの角を踏むまでの足の運びには注意していないと、外れそうになり、逆側の足で踏みかねないこと。
・ 反転する直前にアランが少し離れ気味になることがある。


 この訓練はこれくらいにして、明日からは次の3科目に移ろうと思います。
今後は自主練の都度及び競技会場の事前の練習では、この「指示無し停座」を取り入れた練習をやった方がよいとも思っています。







スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:57 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |