新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 昨日と同じ5科目を・自主練4+16日目

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2012.12/25(Tue)

昨日と同じ5科目を・自主練4+16日目 

 昨朝は良く晴れていましたが、気温は低かったです。風はややあり、しかも冷たい風でした。アウターを着て訓練しても汗は出ませんでした。

 12時すぎから約25分間強、昨日と同じ練習をしました。


 まず、例の準備運動を紐付きと紐なしで行ってから、5科目を、紐なしで各2回づつやり、一通り終わってから、更に2回づつやり、最後に逆順で1回やって終わりにしました。




・ 据座
 停座させて離れるときに、片足を浮かせていましたので、「アシ!」と注意して下ろさせました。終わり頃には大分よくなりました。

・ 停座及び招呼
 停座させたときに犬の前足の前に板切れを置きました。
 呼んで近づいたとき、左足をほんのちょっと開いたり閉じたりはしませんでした。(指導手の左足を意識させるためです。)
 呼んで来たときに、1回だけ左足にぶっつかりました。その時以外はソフトな動きで脚側位置に入ってきました。

・ 常歩行進中の伏臥及び招呼
 5mのマーキング点の真上に伏せさせるようにしています。
 呼んで来たときに、左足にはぶっつかりませんでした。

・ その場の伏臥
 3種類の方法で、全部で7~8回やったと思うのですが、体符を伴う方法が一番安定して俊敏に出来る感じです。「通常方式」でやっても差が出なくなるようにしたいと思っています。

・ 立止
 犬の前足の前に板切れを置いて、前足を意識させて立たせるようにしました。板が無いとやはり前足を僅かに動かすことがあります。







スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:35 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |