新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 動物病院に行ってきました・アスピ編

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2013.01/29(Tue)

動物病院に行ってきました・アスピ編 

 アスピを左脇に抱っこしている時、丁度私の左手の中指と薬指の辺り、アスピの右側、胸骨の辺りに、柔らかいプニョプニョしたものが触るようになってきました。ある種の脂肪腫だとは思うのですが、悪性腫瘍の場合は早期に対処しなければなりません。

 28日にアランと一緒に動物病院に行ってきました。一般診察の後、該部に針をさして、生検をして貰いました。該部は約1.5cm丸、顕微鏡検査では脂肪腫で、悪性ではなかろうと云うことでした。
ただし、1.5cm全体を検査したわけではないので、1.5cmの内、部分的に悪性組織があるやも知れないということでした。

 今後は、

・ 該部の変化に気をつけること。急に大きくなるようなことが有れば来院すること。
・ 良性の 脂肪腫では、大きくなって物理的に運動の障害にはなることはあるが命には支障にならないものが多いこと。
・ 今の時点で、手術は考えなくてもよかろうこと。



 アランは昨日の夕方、軍手の指の部分を切ったものを右前足に履かせて散歩しました。最初の内は歩き難くそうでしたが、直に慣れました。
 昨日の「びっこ」の時は、仮病ではないかと疑ったりしましたが、本当に痛かったようです。9ヶ月振りの「カムバック」が出来なかったのは残念でしたが、来月の埼玉ブロックでは必ず「カムバック」したいと考えています。








スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  07:59 |  犬の病院関連  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |