新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 臭い嗅ぎの有無の確認・第2日目・いつもトイレさせている砂利敷きの駐車場

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2013.02/04(Mon)

臭い嗅ぎの有無の確認・第2日目・いつもトイレさせている砂利敷きの駐車場 

  いつも連れ出してトイレをさせている砂利敷きの駐車場で「フリー状態」、「停座」と「伏臥」をさせて、臭い嗅ぎをするかどうかを動画に撮ってみました。
 この駐車場に連れてくると、アランは臭い嗅ぎをしまくります。訓練モード以外のときは自由にしているのですが、そうしますとそこら中臭いを嗅ぎまくります。



 自由モードのときの臭い嗅ぎの様子です。





 停座させて30秒以上待たせた(即ち、据座)ときの様子です。





 伏臥させて60秒以上待たせた(即ち、休止)ときの様子です。アランは執着的臭い嗅ぎの激しかった当時には、不思議にこの「休止」のときには臭い嗅ぎはありませんでした。





 この「据座」及び「休止」の動画では、次のことが云えます。

・ 比較的指導手の方を見ていること。
・ 休止では、10m以上離れた車の陰に隠れました。
・ いずれに於いても、臭い嗅ぎどころか鼻を地面に近づけるようなこともありませんでした。
・ これらをやった後、再びフリー状態にしましたら、激しく地面の臭い嗅ぎをしていました。フリー状態ではいくら地面の臭い嗅ぎをしても、一旦訓練モードに入ったら絶対にしないことが必要です。
・ これらの事は競技会の参考にはなっても、競技会で臭い嗅ぎをしない保証にはなりません。



 こう云うことがありました。まだ出張訓練を受けているとき、執着的臭い嗅ぎに矯正に四苦八苦しているとき、訓練士さんから「鶏肉のゆで汁」を持って来るように云われました。「鶏肉のゆで汁」を地面に蒔いて、その中で「休止」をさせようと意図したものでした。ところが、その作戦は失敗に終わりました。ゆで汁の誘惑は利きませんでした。いかし、競技会での「執着的な臭い嗅ぎ」は治りませんでした。














スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:15 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |