新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) レッスン後の自主練・1日目

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2013.03/06(Wed)

レッスン後の自主練・1日目 

 昨日は最高気温が13~14℃になり、本格的な春の到来のようでした。
去る3日のレッスンを受けて来て、それを参考に自主練を再開しました。15時15分頃から約30分弱、幅10mのアスファルト路面でやりました。


・ 紐付き脚側行進では、約30mの直線往復と10mのコの字型リンクを組み合わせて、犬の位置を5~6cm位退げた状態になるようにしました。これが難しくて難渋しています。明日もこの訓練を続けるつもりです。

・ 据座
  停座して待たせて離れ30秒間キープしました。
  アランが前にイザルときの状態が分かりました。片足浮かせをした場合にその足を下ろした際に、ほんの少々前に移動するようです。

・ 停座及び招呼
  基本姿勢を取らせて待たせたとき、アランが前にイザらないようにして10m離れました。呼んで来たときに左足に少し当たりましたので、2回目は左足のつま先を開いて又戻しました。

・ 伏臥
  よほど注意をしていないと、コマンドをかける前にフセるような傾向が見られました。
・ 立止
  同上。

・ 常歩行進中の伏臥
・ 常歩行進中の停座
  5m位置で停座させ待たせて、アランが前にイザらないようにして更に10m離れました。

・ 股くぐり歩き
・ 8の字股くぐり
・ 常歩行進中の伏臥及び招呼
・ 常歩行進中の立止
  自主練やレッスンのときには、立ち止まった後は足を絶対に動かしません。
  埼玉ブロックのとき動かしたのは。強風の所為だと思っています。しかし、競技会では一発勝負ですから言い訳は利きません。
・ 紐なし脚側行進
  犬の位置を5~6cm位退げた状態にするには「紐付き」でないとうまく行きませんので、紐付きを数多くやって、「紐なし」は最後にしました。


 今日はがっかりしたことがありました。常歩行進中の停座をやろうとした時に、ラブの女の子モナちゃん(避妊済み)が夕方の散歩で近づいていました。その事に構わず続行したのですが、5m位置でスワレ!のコマンドをかけて座らせて更に10m離れました。モナちゃんはアランの背後15m位に近づいて来たところで、アランはそれに気づいて、なんとモナちゃんの元に行ったのです。慌ててコイ!と呼びをかけましたが、直ぐには来ませんでした。モナちゃんはとても穏やかな子で、アランはとても好きなタイプのようです。
ママさんはアランが訓練中なのは分かった上で、それでも誘惑に耐えられるか試されたようでした。アランはその誘惑の罠にムザムザと嵌ってしまったようです。


 自主練の時こんな事は初めてです。叱ろうにも他人様の目の前では憚ってしまいました。まだまだ、遊びモードと訓練モードとの判別が出来ていないことに気づかされました。








スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  07:44 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |