新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 万事うまく行く?

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2013.03/10(Sun)

万事うまく行く? 

 レッスン後の自主練・5日目です。

 昨年の12月1日に、自主練を再開以来、今ではアランの自主練では今までにない手応えを感じるようになってきました。少なくとも常時良い成績を獲得していてもよいレベルに達しているものと考えています。

 昨年の2月の埼玉ブロックではグループ戦で1席(98.8点)にはなったものの、理事長戦の最後の科目、6科目目の「常歩行進中の停座」で「立止」という、とんでも無いミスをしてしまいました。
 昨年の4月のjkc本部では、4席(99.2点)と今一つ冴えなかったのですが、今から考えてみると、この後体調を崩してしまったので、この辺りから体調が崩れかけていたのかも知れません。


 昨日も非常に暖かい日でした。訓練をしていて散歩で側を通る人達も皆軽装ばかりでした。この日も9時45分頃から30分間以上、いつものアスファルト歩道で訓練しました。


 訓練は、まず、いつもの「紐付き脚側行進」から始め、各複数回行いました。

・ 約20m直線の往復常歩の脚側行進
・ 同じく、往路常歩復路速歩の脚側行進
・ 同じく、往復速歩の脚側行進
・ 一辺10mのコの字型紐付き脚側行進

の4種類の脚側行進をした後、「停座及び招呼」は4~5回も行いました。
 

 
 「停座及び招呼」では、

・ 呼んで来る敏捷性は問題ありませんでした。
・ 最初は、直接停座に入る前に左足に軽く当たりました。
・ 直接停座に入る前に左足に当たらなくなりましたので大いに褒めて、3回ほど続けてやりました。



 「伏臥」は、昨日の結果から、今後は自主訓練の度に訓練科目に入れることにいました。3~4回やったのですがいずれも「一発フセ」は綺麗にできていると思っています。



 「立止」も「伏臥」のついでに行いました。どれも「前足の位置を変えずに立つこと」が出来、位置を変えることなく座ることができました。

 異本姿勢から→フセ!→スワレ!→タッテ!→スワレ!、と連続でもやってみました。



 「常歩行進中の停座」も複数回やりました。

・ 脚側行進もよく、5mマークにぴったり停座出来ました。
基本姿勢中も、5m地点で座って待っている間も、「片足上げ」も「イザリ」も全くしませんでした。



 最後に「紐なしコの字型リンクの脚側行進」を4本やりました。

脚側の状況も、集中の状況も、良かったと思っています。
速歩のスピードは遅めたりあるいは速めたり、又無言で一時停止したりしましたが、アランは完全に追従出来ました。


 脚側行進中の正しい脚側位置や停座中の「片足上げ」と「イザリ」については矯正が出来たと喜んでばかりはおれません。この自主練限りかも知れません。競技会でも出ないことが実証されて初めて矯正が出来たことになります。

 夕方の散歩のとき、脚側行進中の正しい脚側位置や停座中の「片足上げ」と「イザリ」について再度確認しましたが、矯正出来ていたようでした。









スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  07:26 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |