新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) リタイア?の迷い・東京ブロック訓練競技会の結果
2013.03/25(Mon)

リタイア?の迷い・東京ブロック訓練競技会の結果 

 昨日は東京ブロック訓練競技会でした。

 平塚の会場に6時半くらいに到着したのですが、そのときには北風がやや強くて寒かったです。雨を警戒してレインウエアーや雨靴も用意していったのですが、雨は降りませんでした。特に10時くらいから日も射して来て、日向では暑く、日陰では風の所為で涼しい状態でした。

 受付を済ませまして、出陳名簿を見ましたらアランはA~E、5つの内の、C班でした。
C班には千葉ブロックと埼玉ブロックとで理事長賞を取ったボーダーコリー、1席常連のトイプーや埼玉ブロックでオビ1席のフラット等強豪が集中していました。

 1席を取るには、ノーミスと思われる演技をし、高得点でなければなりません。でも、アランは明らかに分かるようなミスを2つも冒してしまいました。

・ 紐なし脚側行進の復路で、指導手よりも先に出たり、遅れ気味なったりしたこと。集中が特に悪かったです。
・ 常歩行進中の伏臥で、伏せて、指導手が離れている間に“臭い嗅ぎ”をしてしまいました。

 この2つのミスは審査員からも指摘されました。その他の指摘はありませんでした。
因みに、選択科目3つは「股くぐり歩き」「8の字股くぐり」及び「常歩行進中の立止」としましたが、これは満点(30点)をいただきました。選択で満点は久しぶりのことです。

 ミスした2科目で、どれ位減点されたか、1席は無いなと覚悟していましたが、果たして席次はどれ位いくか、どきどきしながら、発表まで待っていました。発表になってみると、98.8の5席でした。
1席はトイプー(99.1)でした。結局このトイプーが理事長賞も獲得しました。
 各組の1席の成績は、A組99.6、B組99.6,C組99.1、D組98.5、E組99.4でした。

 理事長戦の5頭の演技を見て感じたのは、

・ 5頭が5頭とも、どの犬も集中が素晴らしくよく、片時も指導手から目を離しませんでした。この点、アランの集中振りは不足です。過去1席になったこともあるエアーデールも集中が良かったです。
・ 科目は、「紐付き脚側行進」「常歩行進中の伏臥及び招呼」「停座及び招呼」「常歩行進中の停座」及び「立止」の5科目でしたが、伏せ中に臭い嗅ぎした子はいませんでした。
・ 審査委員長の講評で、小型犬にはそれに適した行進スピードがあること中には過剰に行進が速い犬がいたようです。動作自体も家庭犬なのである程度の俊敏さがあればよい、とのことでした。


 アランにはもう一度理事長賞を取らせたいと思っているのですが、競技会前になると体調に異常を来させたり、と、ここの所万全ではありません。

 今回も、いつものような活気がありませんでした。
帰宅後には3頭で暴れ回って、夕食の準備をしている時などは、待ちきれなく元気が有り余っている様子でしたが、この元気がどうして競技会では出ないのか、不思議に思われる程でした。

 私も前夜は良く眠れず、その状態で片道95kmの行程は本当に疲れました。指導手が寝不足で、活気が無いのがアランに伝染しているのかも知れません。


 実は前夜に、“さらださん”のブログを読んでいましたら、昨年の11月25日開催の近畿ブロック競技会で9才のトイプーが3部の理事長賞を取ったという記事が出ていました。アランと同い年とは心強い限りと、期待していたのですが、今となってはむなしい限りです。








スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  10:48 |  競技会  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |