新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 昨日は集団レッスンに参加してきました。

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2013.04/18(Thu)

昨日は集団レッスンに参加してきました。 

 昨日は痛む腰にむち打って、集団レッスンに出席してきました。
出席犬数は5頭と少なめでした。

 我がペアーの目的は、臭い嗅ぎの現場を見つけた途端に先生に叱っていただくことだけなので、その趣旨を先生によくお願いしてから、レッスンに入りました。

 レッスンはcd-Ⅱの必須7科目を主体にしたのですが、アランはなかなか臭い嗅ぎをせず、


・ 停座及び招呼では、待たせて指導手が離れて行くとき、指導手が背中を向けている間、臭い嗅ぎはしなかったようです。

・ 約30分間、前半のレッスン中は、臭い嗅ぎは出ませんでした。

・ 5頭が横一列に並んでいるところに先生が来て、先生がすぐ脇に居て一頭づつ、その場の伏臥やその場の立止
をやりました。これはアランは大嫌いなことでした。

・ それと同様に横に並んだ状態で、一頭づつ前に出て、各ペアーと平行に、常歩行進中の伏臥や常歩行進中の停座をやりました。

・ 後半の最後の方で、常歩行進中の伏臥で伏せさせて約10m離れてから振り向く瞬間、アランは臭い嗅ぎらしき挙動をしたようで、アランの近くにいた先生が大きく足を踏み下ろすと同時に叱った結果、アランはその場から逃げ出しました。


 狙ったことが一回だけ達成できたこととは云え、なんだかむなしい気がしています。
競技会に参加のために、ただそれだけのために、時間と出費とを無駄にしているようで、何だかむなしい気がするのです。

 競技会で”臭い嗅ぎ”をすること以外は、アランは素晴らしい犬だと思っています。家庭犬としても、私には勿体ない位素晴らしい犬です。

 特に、私など家族に身体を触られるのが大好きなこと、他の2頭に触っていると割り込んで来て自分にも要求するところ、ヤキモチ焼きで甘えん坊なところ、呼んだらすぐ来るところ、コマンドはすべて利くところ等枚挙に暇がない位(飼い主のひいき目か?)だと思っています。

 こんな点を考えていくと、もうまもなく10歳を迎えることだし、近い内にここらで競技から足を洗う時期かなと思ったりしています。










スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:48 |  集団レッスン  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |