新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 散歩中も集中の訓練することあり

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2013.05/28(Tue)

散歩中も集中の訓練することあり 

 アラン1頭、又はアランの他の1頭の2頭連れで散歩しているときでも、向こうから歩いて来ている人や犬がいるときには、集中の訓練もするときがあります。


 相手が人の時には、

・ 脚側停座させて指導手に集中(指導手を見上げ続ける)させ、行き交う人の方を見ないこと。

 又は、

・ 脚側行進で指導手に集中(指導手を見上げ続ける)させ、行き交う人の方を見ないこと。



 相手が犬とペアーのときには、

・ アランに基本姿勢を取らせて、指導手を見上げさせた状態で、やり過ごします。
  相手が通過したら、解除して褒めて,ご褒美をあげます。
 
・ 脚側行進で指導手に集中(指導手を見上げ続ける)させ、相手のペアーの方を見ないこと。

・ アランに基本姿勢を取らせて、3~4m離れて向き合い、指導手に集中させた状態でやり過ごします。  相手が通過したら、解除して褒めて,ご褒美をあげます。



 アランは顔こそ指導手の方に向けて、相手の方には向けてなくても、眼の動きは明らかに相手の方を見ようとしていることが間々あります。その場合でも、眼の動きを見ていて、“イケナイ!”と注意するようにしています。




 本題とは関係ありませんが、紐付き脚側行進のビデオです。




 横方向から撮ったものです。













スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:02 |  散歩&ミニ訓練  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |