新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) パピヨンの毛吹きとフリンジについて

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2013.06/26(Wed)

パピヨンの毛吹きとフリンジについて 

 パピヨンの被毛について次のような情報に出会いました。パピヨン飼いならとっくにご存じのことですが、ご存じならパスして下さい。


 毛吹きとは犬の被毛の生えている量のことをいいます。一般的に毛吹きがよいとは毛量が同じ犬種のほかの犬と比べて多い様を云います。

 パピヨンは男の子のほうが女の子よりも毛吹きがよく、特に耳の飾り毛(フリンジ)などが風にそよいで美しい様はうっとりする程です。毛吹きのよいオスのパピヨンはとてもきれいで立派です。

 男の子に比べて女の子の方は若干毛吹きがよくない場合がありますが、それでも女の子らしいかわいさもありますのでそれはそれでパピヨンとしての魅力であると云えます。

 毛吹きは遺伝することが多いので両親の毛吹きがよいと子犬も毛吹きがよいことが多いです。スウェーデン系のパピヨンのほうがイギリス系のパピヨンよりも毛吹きがよい子が多いようです。



 飾り毛といえばシングルコートのパピヨンの特筆すべき特徴です。特に耳の周りの飾り毛が風になびくととてもチャーミングです。

 パピヨンの耳の飾り毛を美しく保つにはきちんとしたコーミングなどのお手入れはもちろん必要です。毛玉は飾り毛の大敵です。

 飾り毛とは、一般的には耳だけではなく、足、胸、尾っぽ、などのうつくしい毛並のことです。フリンジやフェザリングとも呼ばれます。それにしてもパピヨンの胸と耳、尾っぽのフリンジは最高です。

 イヤーフリンジとは耳の飾り毛のことです。耳の端の長く伸びる毛です。まさしくパピヨンのためにある用語です。パピヨンはイヤーフリンジがチャームポイントでチワワと違うアピールポイントです。イヤーフリンジが伸びる子と伸びにくい子がいます。お手入れをきちんとしてあげるときれいなイヤーフリンジになります。








スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:28 |  その他  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |