新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 7月1日の朝練

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2013.07/03(Wed)

7月1日の朝練 

 1日の朝は6時15分頃から朝食前に訓練に出かけました。曇りで気温はやや低めでした。


 訓練は、紐付き脚側行進等4種とcd-Ⅱ・10科目でした。内容は前回と略同様です。
最初はcd-Ⅱの必須科目の前半だけで終わろうと思ったのですが、気温もそれ程でもないので、結局後半の5科目もしてしまいました。(27‘13“)


 訓練では、指導者が離れたときに、指導手を凝視する訓練(私には見えないので、そうなっているだろうと思って)をしました。

・ 停座及び招呼
* 待たせて離れていくとき、5m位離れたときに後ろを向かないで、呼びをかけました。
* 待たせて離れていくとき、7~8m位離れたときに後ろを向かないで、呼びをかけました。
* 待たせて離れて行く、10m離れてから向き合い、呼びをかけました。


・ 常歩行進中の伏臥
* 5m地点でフセをさせ、更に5m位離れたときに後ろを向かないで、呼びをかけました。
* 5m地点でフセをさせ、更に7~8m位離れたときに後ろを向かないで、呼びをかけました。
* 10m離れてから向き合い、そのまま犬の許に戻って、反転後出発点に戻りました。

 
 常歩行進中の停座と常歩行進中の伏臥及び招呼の2科目でも上記と同様の訓練をしました。
常歩行進中の停座の場合怖いのは、停座中に前に小さくずるのではないかということなのです。これは個人では確認の方法が無いので、その内第三者の目で確認して貰うつもりです。








スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  07:59 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |