新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 競技会に出る意味について

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2013.07/06(Sat)

競技会に出る意味について 

 私は、競技会は日頃の自主練が正しかったのかどうかを判定する場だと思っています。
私は、よい「結果」を得たいがために日常の訓練を積み重ねているのも事実です。

 競技会に出ていると、成績を手に入れるために犬に過度の期待をして追いつめているんじゃないかと批判されることもあると思っています。
 普通に生活するのに必要じゃない事まで強要する意味が無いのでは、そんな批判を受けとめてきて、それでも、競技を続けているのは、得るものが大きいからだろう。

 何を得ているかというと、犬との心の一体感みたいなもの、言葉を話さない彼らとの心の対話だろうか。

 巧くは表現出来ませんけれど、人と犬との対話のような感覚が生まれるのだと思います。
人それぞれ価値観は違いますが、その価値観を人に押し付けるつもりはなくて、私は私の価値観でこの訓練を行ったり、又競技会に出ています。








スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  07:35 |  その他  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |