新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 競技中の犬のテンション

05月≪ 2018年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2013.07/08(Mon)

競技中の犬のテンション 

 服従の競技に取り組む上で、犬のテンションが低い場合には、競技に入ってからではテンションを上げるのは非常に難しいと思っています。

 どんなにリンクの外でテンションが高くても、犬が勝手にテンションを上げ下げしている限り、リンクの中では“出たとこ勝負”になって上がらないことが多いようです。
では、どうしたら指導手がコントロールできる大変難しいところです。

 仄聞するところによりますと、昨日良かったことが、今日はダメということを極力なくすことだと云う方がいるようです。常に同じ状態を求め続けることで、その行動が定着して来、そして自信が生まれる、一つ一つの作業に自信を持たせることだとも云われています。

 訓練だけでなく、犬が自分に対して「自信が持てる」ようにすることこそ重要だと思っています。
でもいうは易くどうしたらそう出来るかなかなか難しいところです。







スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  07:21 |  その他  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。