新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) アランのPHコントロール食の記

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2013.07/16(Tue)

アランのPHコントロール食の記 

 12日から動物病院から貰って来たサンプルを食べさせて便の状態をみています。

 まず、最初は「Specific CCD低PHスタート&メンテ」(原産国スェーデン)から始めました。これを最初に持ってきたのは、サンプル量が100gと多かったからでした。
 最初はHill‘sのW/Dとの比率を50:50にし、食いつきが意外に良かったので次回は100%に上げてみました。ところが、100%にしましたら、下痢に近い軟便になりました。それで再び50%に戻しましたら、辛うじて形を留める便になりました。
その後100%は試していません。


 次はHill‘s Prescription Diet C/D(ストルバイト尿石症の食事療法用)50gを試しました。これも食いつきは良かったです。50%から始めて、現在75%まで上げたのですが、便は変わらないようです。


 残った一品はRoyal CaninのPHコントロール(UNINARY S/0)がこれは30gしか無いので食いつきだけのお試しだけになりました。
 15日の夕食は15g/24g、比率にして62.5%にして食べさせましたが、食いつきは十分でした。又、16日朝のウンチの固さは正常でした。










スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  07:26 |  食事  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |