新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) メガネの鼻アテ

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2013.09/06(Fri)

メガネの鼻アテ 

 私は高校生のころ近眼になり、40才を過ぎたころから老眼が出だし、今では遠近両用のメガネをかけています。
 ずっと、鼻アテが固定式のものを使用していましたが、3~4年前から鼻アテが上下に可動するものに変えました。テレビでPRしていた、鼻アテが上下の6mm動くというものです。


 写真ではちょっと分かり難いかも知れませんが、中距離以上のモード(近眼モード)の場合です。鼻アテの位置が上の方に来ています。





 次は、近距離モード、即ち老眼モードの場合です。鼻アテの位置が下の方に来ているのが分かります。




 日常生活の大部分は近眼モードで大丈夫ですが、文字を読むときやPCに向かうときには老眼モードを使う方が楽です。中距離以上のモードではメガネの上部を通して見ますが、近距離モードではメガネの下部を通して見ますので、その際に眼の上下の動きの可動域を小さくするものです。

 でもTVのコマーシャルほどはよくありません。ほんのちょっとだけ楽になる程度ですし、時にはモードが勝手に動いていたり、鼻アテが片方だけ動いていたりすることがあります。










スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:06 |  その他  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |