新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) アランの食事風景

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2013.09/10(Tue)

アランの食事風景 

 最近のアランは、以前の膀胱炎だったり、歯の不具合があったりした頃に比べると、(以前は食べる速さがとても遅かったのですが)、私が準備している内から元気一杯で、しかも見違えるように速く食べるようになりました。

 ドライフーズの混合割合は、今はまだヒルズW/DとヒルズC/Dを50:50を基本にしています。(因みにアスピとラヴィとはプロプラン4割+ヒルズW/D4割+ヒルズC/D2割にしています。)


 私が準備をしているとき、アランはグルグルと廻ります。これは嬉しいのか、催促しているつもりなのか分かりません。ずっと以前にはこの廻るのを止めさせて、マテ!させていたのですが、今は元気があった方がよいだろうと思って、自由にさせています。
しかし、準備完了してからはマテ!で待たして、ヨシ!の合図で食事を開始しています。
 食べっぷりも実に元気よく食べています。歯の具合が悪いときには、もっともっと遅かったし、膀胱に障害があって食事をストルバイト対策の缶詰にしたときは殆ど食べない状態でした。この光景を見ていますと、アランは満10才とは思えない程の活気があります。













スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:23 |  食事  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |