新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) アランの通院記録と回復の経過
2013.10/19(Sat)

アランの通院記録と回復の経過 

 アランは去る12日に手術を受けて、当座はヒンヒンと鳴いていたが、今は食欲も出て来て回復して来ているようです。アランの苦しむ様に接していますと、とてもブログを書くどころではありませんでした。ここ3日程はアランは元気が出て来て、食欲も旺盛になってまいりました。


10月12日(院長)
 朝10時30分頃動物病院に連れて行き、肛門部ポリープ除去と去勢手術を依頼。
 夕方18時30分頃迎えに行った。アランはもう麻酔から覚めていました。

10月13、14日
 グッタリとして全く生気なし。痛むのかクンクン鳴いていた。
 DogFoodsは見向きもしなかった。鶏肉少々口をつけた。

10月15日(院長不在)
 余りにも生気なく、痛むのかしきりに鳴くので病院に連れて行った。
 肛門部ポリープ除去跡周辺部に新化膿箇所が見つかった。その部分を生理食塩水で洗浄。
 新抗生剤、消炎剤、痛み止め等注射。

10月16日(院長不在)
 通院。化膿部洗浄
 昨日の化膿部膿からそれに適した新抗生剤に切り替え。
 食欲多少出て来た。

10月17日(院長不在)
 通院。化膿部洗浄。次回通院は20日でヨシとのこと。
 食欲が出て来た。しかし、伏せっている時間が多し。

10月18日
 DogFoodsに流動パラフィン(便軟化剤)をまぶして食べさせたら、旺盛な食欲で完食。

10月19日
 朝食はDogFoodsに流動パラフィンを旺盛な食欲で完食。
 尚、薬を飲ませるのに鶏肉使用。

10月20日
 通院予定

10月21日
 12日に採取したポリープの病理検査の結果が出る予定。
 結果如何では新治療模索か。









スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:08 |  犬の病院関連  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |