新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) アランの通院記録(院長在院時)・1

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2013.10/21(Mon)

アランの通院記録(院長在院時)・1 

 アランは昨20日(日)に院長が在院のため、病院に行ってきました。去る12日に採取したポリープの病理検査の結果を聞くのと、傷口のその後の回復具合を診ていただくものでした。

 ポリープは、昨年は良性だったのですが、今回は肛門腺から発生していて、もしかしたら悪性の可能性がある旨院長からそれとなく云われていたものです。
 結果は、炎症性ポリープで、非腫瘍性の増殖性病変で、悪性所見はないとの所見でした。
もし、ガンだったらと考えたら何も手につかない程でしたが、これで一安心です。
 院長からは、アランはポリープが出来やすい体質のようなので、今後気を付けて、極く初期に処置する必要があると云われました。


 その後患部の洗浄をしてから、持続型抗生剤の注射を打っていただきました。この際患部がいつまでも治らない場合には、切開して損傷部を取り出さなければいけない事態もあり得るということでした。

 
 次回の通院は22日(火)になります。






スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:19 |  犬の病院関連  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |