新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 大腸ファイバー手術を受けてきました。
2013.10/30(Wed)

大腸ファイバー手術を受けてきました。 

 久し振りの更新です。

 去る26日の午後去年から持ち越していた大腸ファイバー手術を受けました。私の大腸ポリープは盛り上がりが小さくて直径2cm位あるので、通常のポリープのように根もとに輪っかをかけてしぼりあげ、高周波電流を流して撤去する方法では出来ないということでした。
 そのため、高周波メスのようなもので、腫瘍周囲を切っていき、切り終えたところで剥ぐような方法でした。メスに通電するのはほんの一瞬ですが、そのときは腹に軽いショックがありました。何回ショックがあったか覚えていません。


 6月25日の夕食は柔らかいものを軽く食べて、翌朝26日は下剤のルーベンを約2時間くらいかけて飲み干しました。
 手術は26日の15時40分位から16時30位の間でした。従って朝から以降飲食は厳禁でしたが、この状態は28日の朝10時頃まで続いて、やっと水&お茶はOKが出ました。

 手術前30分位から28日夕方まで48時間強に亘って点滴をされ、丁度点滴スタンドにチューブを介して繋がれたような状態でした。


 昨日10時頃に病室に請求書が届き、精算して退院となりました。


 腸の方の調子は自覚症状は全くなく、手術後も患部に何の違和感もありませんでした。
担当にの回診や看護師さんの巡回時に、腸の痛み、違和感、ガスの通り等を度々訊かれましたが、全て良好でした。


 今日、30日はアランの通院の日です。傷口を見ました限り異常はないようですし、元気にしていますので、順調な回復振りを診ていただきたいと思っています。


 今朝の庭では他の2頭はウンチをしたのですが、アランはしないこのですから、1頭だけで例の駐車場から団地内で散歩をしましたら、しばらく歩いていると便意を催して呉れました。








スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:30 |  その他  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |