新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 久し振りの散歩

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2013.10/31(Thu)

久し振りの散歩 

 昨30日のアランの通院時に、院長から次の注意がありました。

・ 外部から診て、炎症は治まって来ているように見えるが、内部で炎症が進んでいることも考えられること。患部を注意して見守り、新たに皮膚に炎症を見つけたら、急遽来院すること。

・ アランはポリープの出来やすい体質のようです。今度も良性だったのでよかったが、これが悪性だったら大変なことになっていたこと。

・ 今後は、お尻には注意して、早め早めに処置すること。




 昨夕は9月6日以来となる全く久し振りの散歩をしました。庭で3頭にトイレをさせた後、アランとラヴィを連れて40分程歩きました。
 夏は暑いし、涼しくなったら私の体調が優れず、アランの臀部の炎症の手術と重なってここまで延びたものです。
 アランは元気よく歩いていましたが、帰宅してからはちょっと疲れたようでした。



 そして何よりも嬉しいのは私の体調が上向いて来たことです。8月中旬以来、気分が悪く、しかも食欲不振の状態が続いていました。

 今回の入院中にこんなことがありました。

 25日の夕食は柔らかいものを軽めに摂って、28日の昼食に三部粥を食べるまでは絶食だったのですが、空腹感はなくて、水気が欲しい状態でした。身体には点滴が施されていたのですが、口喉部が乾き気味でした。
 27日の23時30分ころに頭が逆上せたようになり、しかも頭痛もするので、看護師を呼びました。血圧を測ると180位ありました。看護師に症状を云って、点滴に対処するような薬剤を混入してくれるように頼みましたが、医者の指示無しには出来ないので、あと2時間我慢しろということでした。
(この間は禁水であるため、一切口に出来ませんでした。従って普段常用している薬類は飲めなかったのです。)

 28日の1時半に看護師が来て鎮静剤みたいなものを入れてくれました。これで楽になるはずだということでしたが、その後2時間以上も眼が醒えて眠れませんでした。多分4時位に眠りに入ったらしくて、眼が醒めたら8時45分近くでした。
 27日の日中は眠いのですが、寝付けなくて終日小説を読んでいました。
翌29日には朝の回診時に今日退院出来ることを告げられました。その後は何だか憑き物が落ちたような感じで食欲も出て来て、今日に至っています。







スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  14:15 |  その他  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |