新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 冬場のお決まりの位置・20131129

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2013.11/29(Fri)

冬場のお決まりの位置・20131129 

 今朝はこの冬一番の寒さとか。昨日九州地方にも初雪が降ったそうです。
私がPCを操作しているとき、床のビニールカーペットの上に寝そべっていたアスピも昨日辺りから私の座っているイスに乗ってくるようになりました。座っている私とイスの背もたれの間に飛び乗るのです。冬のお決まりの位置なのです。
 普段アスピは私の傍に寄ってきますし、ストーカー的に私に付きまといます。でも身体に触ろうとしますと逃げてしまいます。ただし、このイスに上ったときやリードを曳かれたときは静かに触らせています。


 肘掛けの輪っかの間から飛び乗ってくるのです。私はイスにかけたまま身を捩って撮ったものです。





 私が席を外して撮ろうとしましたら、アスピは停座してしまいました。





 ラヴィも普段は床に横になっていることが多かったのですが、一応ベットで横になっています。このベットは就寝のためではありません。就寝はクレートに入れます。





 アランはリビングのコタツの方が良いと見えて、この部屋には現れていません。


 リビングで私がコタツに入っていますと、ラヴィとアランは遠慮無しに私の膝部分に乗って来ます。でも2頭一緒には乗りません。早いほうが勝ちなようで、負けた方はアランなら私の左側、ラヴィなら右側に伏せています。でも、アスピは決して膝に乗って来ることはありません。







スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:39 |  犬の性格  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |