新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) アランの経過(1月7日)

05月≪ 2018年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2014.01/07(Tue)

アランの経過(1月7日) 

 昨日は肉眼で見た限りでは、目脂なし、眼の開きもほぼOK、眼の澄み具合もほぼOKと思ったのですが、15時頃に通院して獣医さんに診ていただきましたら、次のようなコメントがありました。

・ 角膜表面は組織が修復していること。
・ しかし、透明度(黒目の澄み具合)は完全ではなく、再び表面が剝離しかかっているかも知れないこと。
・ 涙が多いことや白目が充血していること。
・ 瞬膜の裏面?にでき物や毛が生えているかも知れないこと。その場合には麻酔して調べることが必要なこと。

 
 これらから、眼科専門医にかかることにして、病院から専門医に予約を入れてもらいました。

1月10日の10時15分の予約です。

 症状、治療経過や投薬の状況等は獣医さんから直接伝えていただきました。
10日までに回復した場合でも専門医に診ていただこうと思っています。








スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  07:35 |  犬の体調  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。