新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) アランの経過(1月9日)他
2014.01/09(Thu)

アランの経過(1月9日)他 

 今日のアランは、前日の報告とほぼ同じでした。

 朝食前に鶏肉5片で、薬半錠+1/4錠+半錠+1/4錠×2、を包んで呑ませたのですが、これらは良く食べてくれました。1/4錠×2は1/2錠が大きいのでそれを更に2分割して与えているものです。
 肉5片を食べさせてから、PHコントロール20g単味で与えましたら、全然口を付けてくれませんでした。ニオイをちょっと嗅いだだけでプイと横を向いてしまったのです。それで可哀相ですが、食器は引き上げました。その後はアランはコタツに入って首だけを出していました。


 昼はアスピとラヴィに食事を出していますと、食べたそうにしているので、朝用意したものを出しましたら、食器から直接食べてくれました。いつもならPHコントロールを出して食べなければ、W/Dを4~5粒やるところですが、今日は敢えてそうしませんでした。

 でも夕方は3頭ともウンチをしてくれましたので、一応安心しています。


 明日は眼科専門病院に初めて行く日です。現役中は毎日通勤していたのに、久し振りとなりますと、つい億劫になります。明日はこの冬一番の寒さの予報なのですが、ここは踏ん張って現役のときを見習わなければと思っています。



 今日は午後から病院へ行ってきました。ここ2~3日ほど鼻水とクシャミが激しいので明日に備えての通院でした。医者は感冒なら全身に何らかの症状が出たり、節々の痛みが出たりするが、単に動いたら汗がすぐ出る、鼻水が激しく出る、クシャミが激しいだけでは、寒冷アレルギーではないかとの診断だったのです。がしかし、私が感冒みたいだと云って、感冒の薬を処方していただきました。感冒の薬4日分を呑んでも、それでも良くならなければ、アレルギーの可能性があります。

 花粉症ではある範囲までなら症状が出ないのに、ある日ある時刻に突然に許容限界を超えてしまって症状が出ることがあるそうです。(一般論として云われていることです。)
 私の場合、以前から寒かったのに、ここ2~3日に症状が出たことを考えると、やっぱり感冒に罹っているのではないかと自己診断しています。それで良くならなかったら寒冷アレルギーの許容限度を超えてしまっているのかも知れません。








スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  19:24 |  犬の体調  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |