新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 眼科専門病院・第2回目通院

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2014.01/16(Thu)

眼科専門病院・第2回目通院 

 今朝は、外栓はタオルを巻きその上にレジ袋を被せていたのですが、凍って開きませんでした。勿論下に置いてあるポリバケツの水も凍っていました。6時半過ぎに玄関前に提げている寒暖計は-3.5℃位を指していました。この冬3回目の外栓凍結でした。


 アランは9時半の予約でしたので、眼科専門病院に行って来ました。8時少し前に家を出て、帰って来たのが10時50分頃でした。

 今日はこの前クレートが重すぎたので、永く歩くときはアランを歩かせましたところ、随分楽でした。


 最初、照明を消してハンドタイプの検査器で左眼の検査をし、次に照明をつけて大型のピストル状の器機で左右の眼を見ていました。質問しましたら眼圧を測定したそうでした。
 次に蛍光染料を左眼につけて、再び照明を消してハンドタイプの検査器で左眼の検査をしました。
これで検査は終わりでした。わずか10分弱ほどの検査でした。


 獣医さんがおっしゃるには、

・ 眼圧は左右で差が無くなって来ていること。
・ 白目の充血も随分よくなっていること。
・ 眼の開きも正常に近くなっていること。
・ 次回は8日位経って見せてもらいたいこと。

ということでした。

 葡萄膜とは眼球内部の色んなところのようですが、その中のどの部位ですか、と質問したところ、何処かは特定出来ず、葡萄膜が全体的におかしくなっているということでした。
 消炎鎮痛剤は、初回は液体だったのですが、今回は錠剤(半錠/日*14日)を処方されました。

 次回は1月29日(水)の10時に予約しました。









スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  12:10 |  犬の病院関連  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |