新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) アランの左眼の状態

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2014.02/01(Sat)

アランの左眼の状態 

 昨夜の夜間には急に気温が下がる予報でした。東京は4℃でしたが、埼玉は-2℃位でしたので、当地も零下に下がるものと思っていました。
 所が、シャッターを開けて、ポリバケツを見ましたら氷が張っていないのです。勿論水栓も凍っていませんでした。


 昨日、15時頃(遅すぎると寒くなるし、早いと朝までの「大」が心配)、庭で「大」をさせようとしたのですが、アランがしないため福祉会館前まで往復しました。アランはその途中で、やっとしてくれました。
朝は、珍しいことにアスピと同時にアランがし、一番最後にラヴィの順番となりましたので、午後もそうなることを期待していたのですが、やはりアランが遅くなりました。

 昨日は風こそ冷たいものの日射しも一杯で大変過ごしやすい日中でした。夕刻から急激に寒くなる予報でした。


 庭に出したついでにアランの左眼の様子を撮ってみました。29日に大分良くなっていると眼科専門病院の診断を受けてから初めての写真です。こうして毎回写真を撮ればよいのですが、つい面倒なので手を抜いてしまっていました。


 左眼の様子は、西日を受けてまぶしそうで今一よく分かりません。






 それで、室内で2葉撮りました。こうして見ますと正常な右眼と変わり無いことが分かると思います。








 外では全身像も撮りましたのでアップしておきます。












スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  14:07 |  犬の体調  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |