新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 昨日のこと

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2014.04/14(Mon)

昨日のこと 

 昨日は、6時半、11時、16時と18時半頃と一日4回も庭に連れ出しました。通常は一日2~3回ですが、時には1頭だけ「大」をしないことがあるので、その序でに出しているわけです。

 昨日は16時に出した所、他の2頭は「大」をしましたが、アランだけはしませんでした。それで18時半にアランを出したついでに他の2頭も出しました。他の2頭はすぐにしましたので、足を洗ってやってから室内に戻しました。

 アランはしばらく待ちましたがしないので、50m位離れたコンビニに連れていくことにしました。その途中で「大」をしてくれました。
 コンビニに着いて正面入り口脇で「フセ!」をさせて待たせ、買い物をしました。レジで精算をしていますと、店員が入り口から出たところで、フセした我が犬を見かけたようで、

 “犬が放れていますよ、お客様の犬ですか?”

と私に訊くのです。私は
 
 “そうですけど”

と応えましたが、

 “犬を放して、逃げないのですか、他所に行ってしまわないのですか?”

と不思議そうにしているのです。私が事情を説明しましたら、店員は

 “賢いね~、随分良い子ですね~、へ~良い子だこと”

と犬に話しかけていました。
 精算を終わってアランの許に私が帰って来るまで、温和しく「フセ」状態で待っていました。
 
 アランはフセさせて待たせているとき、傍で他人が話しかけたりすると、吠えて、「スワレ」の姿勢になったり、立ったりすることがありました。しかし、昨日はそういうことはありませんでした。
 コンビニの前で待たせることは今までも有ったことですが、大体アランは温和しく待つことが出来ます。ただ、今回ほど「あからさまに褒められた?」ことはありませんでした。
 訓練の入った犬としては至極当たり前のことかも知れませんが、やはり人に褒められるとお世辞でも嬉しいことです。(今回はその口調からお世辞とは思いませんでした。)
 店の前で待たせて買い物をすることは、訓練の為には良いかも知れませんが、犬が誘拐される不安は常に持っていまして、買い物も気はそぞろの心情です。










スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:53 |  その他  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |