新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) アランの可愛い所・1(親バカですが?)

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2014.07/13(Sun)

アランの可愛い所・1(親バカですが?) 

 昨日も暑くて最高気温は猛暑日一歩手前であった。16時45分頃、カーポーチの寒暖計を見ると35℃を上回っていました。


 我が家の3頭の内アランを一番可愛いと思っています。これも親バカの一つかも知れません。アランは何をさせても積極的です。


 よい例が、朝起きて、クレートの扉を開けて出してやるとき、アランの出て来方は他の2頭とは異なっているのです。

 アスピとラヴィは戸を開けると、ゆったりと歩いて出て来て、私が首輪にリードを付けるのを待っています。

 一方アランは扉を開けるやいなや、疾走して来て、ウーウー云いながら私の許に飛び込んで来るのです。私が小声でスワレ!と命じますと即座に座ってリードを掛けさせてさせてくれるのです。

 アランは自主練を止めてから随分経ちますが、まだ小声で命令すますと、効きます。
時には散歩中に「アトヘ!」と命じますとヒール位置に着きます。ただ、その位置は自主練を続けていた時と異なり、やや前気味です。しかし、もう競技会には出るつもりはありませんので、これで良いと思っています。

 ラヴィは訓練したことは無いのですが、自然とその場の「スワレ!」と行進中の「スワレ!」を覚えています。行進中などはアランよりも「キレ」が良いかも知れません。


 これらの様子は出来れば動画に撮って見せたい程です。








スポンサーサイト
【編集】 |  15:28 |  犬の性格  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |