新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) アランの可愛い所・甘え方の差

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2014.07/14(Mon)

アランの可愛い所・甘え方の差 

 アスピは私が室内の何処行ってもついて来る子です。洗面やトイレまでついて来る有様です。トイレのドアーの直ぐの所で伏せて待っています。私に対してストーカー的な存在です。それでいて身体に触ろうとしますと、何故か逃げてしまいます。
 ただ、散歩に出かけるときは、左脇をあけますと、飛び込んで来るのが不思議です。
私がPCしているとき、独り待機しているアスピです。





 ラヴィは撫でてもらうのが大好きです。大人しくじっと撫でさせてくれます。ただ、温和しすぎで、なんだか物足りません。散歩のときには嫌がって、足を踏ん張って、抵抗して近くには来ない有様です。


 アランは動作が活発です。
呼ばれると直ぐに来ます。例えば家内が他の子を呼んでも、アランが一緒に来て、自分にも触るように要求します。傍に直ぐに来ること、甘えん坊でヤキモチ焼きなところが可愛くて堪りません。
身体を撫でてやると、ウーウーと可愛い声をあげながら、身体を擦りつけていつまでも撫でさせてくれます。
 散歩も大好きで、私がスリッパを履くのが待ちきれないようすで、声を挙げながら、私が受け入れるのを待っています。
声をかけると駆けて来るし、撫でてもらうのが大好きですし、散歩も大好きですし、甘えん坊で、動作の一つ一つが敏捷で、アスピとラヴィの良いところを併せ持った存在です。


 昨日(日曜日)に白里大網の訓練所に16ヶ月ぶりに行ってきました。片道60km余りの行程です。この訓練所に約4年近く通ったのですが、もう訓練を止めたましたので、訓練用具の一部を、訓練所に寄贈し、併せてポイントカードの全額を精算の上、ドッグフーズやトリーツの類を交換して来ました。
 懐かしい顔と久かたぶりに顔を合わせ、訓練を止めた経緯等を話しました。
去年アランが各種の病気続きだったこと、私の腰の具合が悪いこと、もう脱会して15ケ月になり、自主練も止めて4ヶ月程度になること、今は覚醒剤的な禁断症状(訓練したい、競技会に出たい、と云う意識)も取れて来たこと、等を話しました。
 なぜ止めたのか、に対にて、アランが才能がないことが分かったこと、昨年病気続きだったこと、腰の調子がよくないこと、年なので訓練に現を抜かしている場合では無いこと等を話しました。
 アランは訓練がtop lebelまで達しているのに勿体ないことをしたとか、人間の年令が何歳になっても続けるべきではないか、云った反応がありました。
 






スポンサーサイト
【編集】 |  08:41 |  犬の性格  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |