新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 大腸のファイバー検査を受けてきました。

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2014.08/10(Sun)

大腸のファイバー検査を受けてきました。 

 昨日は最高気温が27~28℃位までしか上がらず過ごし易かった。

 昨日は14時半頃から受診でした。まず下半身をスッポンポンにして、お尻の開いた紙製のパンツを履かさせ、ベットに上向きに寝て、輸液が始まりました。それが笑い話なのですが、腸内洗浄のルーベン2Lを飲んだのですが、これは水分としてはカウント出来ないそうで、適度の水分補給も必要だそうです。針を刺しては血管を探り、再度別の場所で又探り、3回目にやっと血管に刺さりました。
そして、持病の路歴、や呑んでいる薬の詳細を質問されました。

 私の順番が来て、」検査台に移った後、輸液にラインに鎮静剤か何かを注入したようです。
先端部が大腸の屈曲部を通過する時にはウッとなるような痛さでした。去年比較的に大規模に手術した跡は綺麗だったようです。

 私は単なる検査だけだったのですが、私の前後の人はポープの切除の上、入院するそうでした。

 6日に胃の検査があったときに、ポリープが2ヶあり、これは経過観察で良いでしょう、と云われたときに、取る場合はファイバーで済むのでしょうか、と問いましたら、ダメです開腹になります、と云われました。開腹となると面倒です。何故か?その理由は聞き逃しました。


 病院前に軽トラックでブドウや桃を売りに来ていました。特大@250円で4ヶ買ってみました。美味しければ次に行き機会に買おうと思っています。



 家に着くとワンコ共が「何日も会っていないような」大騒ぎでした。
span style=color#0000ffstrong 







スポンサーサイト
【編集】 |  10:48 |  その他  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |