新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) アラン無麻酔歯石除去体験記

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2014.09/10(Wed)

アラン無麻酔歯石除去体験記 


 今日都内まで行って来ました。

 9時05分柏始発を予定していたのですが、我孫子始発でも8時40分発で十分座れました。代々木上原行きは伊勢原市にゴルフに行って以来ですから、拾云年振りでした。一旦代々木上原まで行って、小田急線で参宮橋まで二駅バックしました。
 復路も逆ルートで代々木上原で我孫子行きに乗りますと、軽々と座ることが出来ました。
しかし、ホームではエレベーターのお世話に随分なりました。やはり身障者対策としてのエレベーターの数は一つでは不足かなという感じがしました。


 無麻酔歯石除去の施設は思いの外こじんまりとしたものでした。アランは通常はVirbacの歯磨きペーストとBioteneのデンタルジェルを使い、ハブラシを横に動かしているのですが、ハブラシではなくて、綿棒で歯に沿ってタテに使うこと、という注意を受けました。
 私は犬の歯磨きの知識はある動物病院(2箇所)での講習(実演付き)と日大松戸歯学部の施術受け時の3~4回だけなのです。

・ ハブラシは横に細かく動かすこと
・ 連続してやらずに、嫌がる前に止めてオヤツをあげ、又これを繰り返すこと。
・ ジェルは、付けるだけでも効果がある?
・ 歯磨きジェルは、「水」でよい

の4点位の知識なのですが、歯磨きの好きな犬は居ない?と思われる程、口を開けて歯を見ながら磨く等ということは不可能なように思っています。アランは嫌がりますし、ましてや歯の裏側は見ることは凡そ不可能です。従って、表も裏も、歯を見ることなく、適当に(それこそ検討でめったやたらに)済ませていました。
 と云うのは、思い込みがあって、人間の場合には毎回ブラッシングしていても、3~4ヶ月に一回、歯科に行くと、毎回スケーリングされる程、歯石は着きやすいと思っていました。

 アランの歯を今回診た先生は、

・ 殆ど歯石が付いていない位だと云えること。
・ ただ、一部着色している所はあるが、歯石までは行っていない。
・ ただ、一部エナメル質が取れている部分があるので、今後は綿棒がお薦め。
・ このような付き方なら次回も今回のお試し料金でよいかも知れないこと。

等を指摘されました。しかも、施術は看護師?が犬を補体して、先生が施術する形で、飼い主も先生の背後から施術の様子を見ることが出来ました。しかし、超音波スケーラーの使用は無理で(犬が嫌がって)、しかもポリッシャーの使用さえ同様でした。


 しかし、電車で行ってみましたら、実に物理的に大変で、アスピとラヴィは従来通り上尾市に行こうかと思っています。上尾市の方が病院の駐車場まで自分で運転しなければいけない点はありますが、車の運転なら腰に負担がかからないので、その点が楽で、歯の点検だけ受けて、歯石があれば、今回のように無麻酔すればよいかなと考えています。


 アランは眼科専門病院行きで体験したように、クレートに納めないといけない場合のみ、クレートを使い、その他は歩かせるようにしました。(改札の入り口までは歩かせ、以降はクレート)やはり、3.7kg程度とは云え、それをクレート込みで長時間持ち続けるのは負担が重いです。 しかし、この方法をとっても電車で2頭と云う訳にはいかないような感じです。








スポンサーサイト
【編集】 |  15:23 |  犬の病院関連  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |