新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 我が腰痛の記

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2014.09/20(Sat)

我が腰痛の記 


 8月20日、○○中央病院に人間ドックの結果を聞きにいったとき、ドクター(内科医)に“脊柱管狭窄症で、苦しんでいること”を何気なく話したところ、“それは当院の整形科の○原先生に診てもらったらよいですよ”、という助言があった。何でも整形の○原先生は脊柱管狭窄症手術の権威で、毎週土曜日に来院(非常勤)されているということでした。

 今日、土曜日は来院されないということで、次週に延期になってしまい残念です。
この○原先生受診のために、今まで通っていた病院から紹介状も用意している。

 我が腰痛の経過を以下に記してみます。

1.26~27才のとき、現場スケッチをしているとき、記録用紙を落としたので、それを拾おうとして腰を曲げたときに、“ぎっ
 くり腰”を起こした。この時の痛みは物凄く激しくて、虫垂炎のときの痛みと双璧をなすものだった。

2.20年位前に椎間板ヘルニアを発症した。
 a.この痛みも激しくて、立っていても、座っていても、寝ていても激しい座骨神経痛だった。都内までの通勤が大変だっ
  た。
 b.○○新聞社病院で牽引療法等受けたが治らず、○○会中央病院に移りMRIを撮った。
 c.済生会で手術の予約をした。(手術の3ヶ月位前)
 d.友人から、手術医は経験豊富なのか、万一神経を傷つけられると下半身不随になり、一生車イス生活になるよと云
  われ、手術日の10日前にキャンセルした。

3.そんな日々のとき、日本○○会の情報を得た。
 支部が柏にある事が分かったので、ここに通い出した。
 a.ゴムヒモやゴムバンドを使って、バラコン体操や腰回しをするものでした。
 b.毎回、最初に15分位施術(仙腸関節の狂い調整ということ?)を受けてから、バラコン体操や腰回しをした。
 c.家でも腰回しを時計方向反時計方向に多い時には各1000回/日位行った。
 d.4月から通い出して、3ヶ月位は変化が無かったが、4ヶ月めから変化が現れ、痛みが取れて来た。
  e.ゴルフが出来るまでに回復した。

4.4~5年前に座骨神経痛が再発し、良能会に再び通い出したが、治る所まで通わず。

5.近くの○○○○の森病院を受診し、MRIを撮った。
 a.痛み止めを処方されたが、長期間回復せず。
 b.考えられる最高の投薬をしているので、この病院では対処出来ないと云われた。

6.○○○○の森病院から紹介状を書いていただき、○○医大を受診した。
 a.教授から、腰部脊柱管狭窄症であること再度告げられた。
 b.教授から、この病院では家から遠方過ぎるだろうこと、千葉は脊髄の手術が得意な地域なので、家に近くにということ
 で、○○市立病院宛に紹介状を書いていただいた。

7.○○市立病院で再度MRI(解像度が良い?)を撮った。
 a.手術の前に硬膜ブロック注射することになり、左右各4~5回やった。
 b.その結果、臀部から上下肢の激しい痛みは無くなったが、腰の痛みは残った。
 c.手術前に検査入院を1週間位して詳しく調べる必要があること。
 d.腰の痛みは手術で取れるかどうか分からないと云われた。
 e.手術の決心がつかず、痛み止めの服用で過ごした。

8.月一の問診だけで、処方薬だけならば、家の近くが良いので、紹介状を書いてもらい、○○○○の森病院に通い今日に至る。

9.このまま、一生痛みに耐えた生活の前途を憂い、先のアドバイスもあり、9月13日に紹介状を書いていただき、○○中
 央病院を受診することにした。
 (愛犬の散歩すらままならなずに、家に籠もる勝ち生活)
10.その筋の権威である非常勤の医師が自分で施術するのか、何処か自分の知り合いの医者乃至病院を紹介するかは
 不明。







スポンサーサイト
【編集】 |  16:02 |  その他  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |