新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 草ボケ(野生のボケ)の花

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2014.10/04(Sat)

草ボケ(野生のボケ)の花 


 ここの所、家に籠もりっきりなのでネタがない状態です。

 垣根に植わっている草ボケが何を間違ったのか花を付けていました。この草ボケはこの家に住み始めのころ、近くの山に行ったとき手に入れたもので、将に30年物です。
一群と云っても小さな群れですが、大部分はろくに葉も無い状態なのに、ここだけ(実際は他に1ヶあり)が花を付けているのです。
園芸もののボケの花期は、所謂寒ボケが11月下旬~4月下旬頃なので、今は狂い咲きでしょうか。


 年代ものと云えば、私の独身時代の座卓を処分することになりました。今では裁縫(と云ってもボタン付け程度)の台に成り下がっているのです。この台は昭和37年私が入社して東北地方に赴任した当時、同期の○井さん(東北大学出身)が仙台に行くので、というので、丸光?で買って来て貰ったものです。その○井さんは今は亡く、ガンで既に亡くなっていて、デコラ張りの座卓だけは思い出として残っています。



 マクロで撮りますと、まともな花弁の形をした花のようには見えません。










 眼を転じますと、あれほど馥郁と香ったキンモクセイの花びらが一面に散っている状態です。










スポンサーサイト
【編集】 |  08:40 |  草花  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |