新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 不安で一杯
2014.12/01(Mon)

不安で一杯 


 11月28日以来の更新です。

 いよいよ12月に入りました。手術日があと20日に迫ってきまして、いろいろ不安が満ちてきます。手術で本当に痛みが取れるのかどうか、手術後は相当痛むらしいがその痛さは?、万が一神経を傷つけてしまったら下半身不随車椅子の生活になりかも知れない、と不安が次々に頭を過ぎって、全く落ち着かない精神状態です。とても“まな板の上のコイ”の心境にはなりません。

 この前、医師から聞いた手術の話では、まず上を向いて手術台に寝てから全身麻酔をかけた後、尿導管を通し、俯せにしてから、背中(腰部)を10乃至15cm切開してから脊柱管の狭くなった所の骨や靱帯を削る又は切り取るようです。所要時間は2~3時間だそうです。この時本人は意識がありませんが覚醒してから相当痛むらしいです。
麻酔から覚醒出来るか、果たしてその痛みに堪えられるか、とそれを思うと本当に憂鬱になります。

 ここの所、日数的に雨降りの日が多いようですが、今日は雨でも暖かい予報です。しかし、北(西)から今季一番の寒気が覆ってきて、日本海側は勿論、一部太平洋側でも雪が降るようです。季節の変わり目には気象条件が激しく変わって、日増しに寒くなるようです。

 アランの食欲は一進一退を続けています。2~3年前にも原因不明の下痢が長期間続いたことがあるのですが、原因が分からないだけに心配でもあります。















スポンサーサイト
【編集】 |  10:56 |  その他  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |