新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) スクールガードの日

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2015.04/21(Tue)

スクールガードの日 


 ここの所の天候不順ですが、これも季節の変わり目を表しているのかも知れません。今日は曇天ながら雨は降っていません。
 今日はスクールガードの日ですが、過去の2日間はいずれも体調不良(腰の調子)ということで早退けさせて貰いました。

 スクールガードとは云っても特別なことは何もやっていません。校門を入ってすぐの控え所で大部分の時間を過ごし、1回程度校庭を巡回するだけの事です。後は、井戸端会議ならぬ(老人の)雑談をしています。このスクールガードは各班4~5名で月曜から金曜まで担当しています。この外、小学校関係では登下校見守り隊がありますが、私はそちらの方は参加していません。

 今日の雑談の中で、テレビを見ていて、岩手県久慈地方に「皂」という珍しい姓が出ていたというのです。どうも「サイカチ」と読むようです。この「皂」の「部首」と音読みの仕方を調べて欲しいということでした。
 「皂」は皂莢 (サイカチ、 皂の部首は白)で「皂」はキョウ、コウ、キュウ、ヒョク、ヒキとも読むようです。豆科の木で学名はGleditsia japonica、Gleditsia : サイカチ属だそうです。

・山野などに生え、大木になる。
・幹にある”とげ”の形が強烈。
 (動物などが近づけないようにしているのでしょうか)
・夏に黄色っぽい花が咲く。

古くは万葉集にも出て来て、

 皂莢(かはらふぢ)に延(は)ひおほどれる屎葛(くそかづら)絶ゆることなく宮仕(みやづかえ)せむ。

と詠まれているようです。

正岡子規も、

 皂莢(さいかち)に秋の日落つる小窓かな

と詠っているようです。


 





スポンサーサイト
【編集】 |  12:44 |  その他  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |