新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 昨日はラヴィ来宅
2015.05/05(Tue)

昨日はラヴィ来宅 


 昨日の午後次女夫婦がラヴィを連れて来宅しました。ラヴィをソフトクレートから出しますと、アランはワンワンと吠えて、2頭一緒に室内を走り回りました。アランはラヴィを歓迎しているのか、自分の領分の縄張りを主張しているのか分かりません。
 ドライフーズにしても食器2つに別けてやりますと、一応食べ終えて残っていたアランの食器のものをラヴィが食べようとして、アランが激しく反撃し乱闘になりました。
 自分が食べ残したものだから、もうそれを誰が食べても良さそうなのに、やはり縄張り根性を丸出しにするのかと、犬畜生のDNAは残っているようです。幾ら可愛くても所詮は犬なのだと思いました。

 私の症状は、激しく咳き込むことがあり、痰が喉に絡みます。多少は良くなっているのでしょうが、連休明けには再通院やむなしという所です。


 アランを庭に出して撮ってみました。


























 花の盛りは短いもの、あれ程咲き誇った西洋シャクナゲも花の勢いが無くなり散り始めました。ツツジ4種も紅色の1種は今は散り、残る3種です。











 




スポンサーサイト
【編集】 |  09:07 |  その他  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |