新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) コルセット後遺症?・男性の乳腺炎?

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2015.05/20(Wed)

コルセット後遺症?・男性の乳腺炎? 


 去る3月14日に手術を受けて以来、この5月20日で2ヶ月と10日も常時コルセットを着けています。このコルセットは主治医の許可がある迄は取り外せませんし、最低3ヶ月は風呂禁止、シャワーのみの生活です。

 最近は運動不足の所為もあり、正月の食べ過ぎ、入院の際の病院食でも痩せず、太り気味(約3~4kg位太った)でお相撲さんのように両胸がほんの少し盛り上がっていること、それとコルセットで締め上げているため、益々盛り上がる傾向にあります。そのため、乳首の部分がつき出して肌着にいつも接触していることに起因すると思われる乳部の痛みを感じるようになりました。

 net検索して見ますと、男性の場合にも乳ガンが発生することがあり、その検診及び検査は女性の場合と同じように乳腺外科を受診し、検査を受けて、真偽の程を確定する必要があるということです。

 特に右側が酷く、左側も多少痛む、ので、恥をしのんで乳腺外科を受診することにしました。少なくともガンでないことが確認出来れば安心出来るわけです。


 乳腺外来では、まず看護師による問診の後、エコー検査及びマンモグラフ検査を受けました。エコー検査は仰向けに寝た状態で受けました。マンモグラフは上下に挟むのと斜め方向に挟むのとの2方向でした。マンモグラフは乳房を挟むので、猛烈に痛いような話しを聞いていたのですが、私の場合は乳頭を押さなかったのでそれ程痛くはありませんでした。

 その後、医者が実際に乳房の状態を見て、なんと「女性化乳房症」と診断されました。

 男性の乳腺疾患としてよく遭遇するものに女性化乳房症があるそうです。女性化乳房症は、両側もしくは片側の乳腺が一時的に肥大して、乳頭、乳輪下に腫瘤様に触れるもので、エストロゲンの過剰状態のため発症すると考えられています。その要因として、思春期の一過性のもの、薬剤性のもの(表)、他の疾患に伴うもの(肝臓・副腎・甲状腺・泌尿器等)などがありますが、原因のはっきりしないものも多く見られます。乳房が異常に大きくなる例は珍しく、心なしか乳房が膨らんだ程度の方が殆どのようです
 私の場合は、コルセットを着けているため、乳房の部分が押されて、乳首が常時擦れる刺激の連続により、悪化したものと思われますが、以前飲んでいた抗潰瘍の副作用?かも知れません。

 悪性のものではないので、痛いのを我慢するより外に方法は無いと云われました。




 記事とは関係ありませんが、今朝庭で撮ったアランです。
















 去る5月12日の鉢上げしたバイカウツギ3鉢の内の2鉢の花が咲いています。購入したいと思う切っ掛けとなったご近所のS氏宅のバイカウツギも見事に咲いています。この花は心が洗われるような白さです。こういうのを純白というのかも知れません。












 





スポンサーサイト
【編集】 |  12:49 |  その他  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |