新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) スクールガードの話題から・その2

10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2015.05/27(Wed)

スクールガードの話題から・その2 


 昨日は都心の最高気温が30.9℃まで上がり、今年初の真夏日となりました。5月に入ってから連日平年を大幅に上回った気温になっているようです。

 昨日のスクールガードで校門脇の待機所で老人同士のおしゃべりの席で話題になったことがもう一つあります。


 「葡萄」はどう見ても「ぶどう」ですよね。所が葡萄色と書いて「えび色」と読むようです。

 以下、net検索でヒットしたものです。


 エビの漢字表記は「海老」のほかにも「鰕、蝦、蛯」などがある。ブドウエビという海老がいる そうです。
ブドウエビはエビ目タラバエビ科モロトゲエビに属し、標準和名は「ヒゴロモエビ」と言います。ではなぜ、ブドウエビと呼ばれるようになったかというと、果物の葡萄と同じ色をしていた(水揚げして死ぬとブドウ色になるからとも言う)ことから、と言われています。でも、もともと海老は葡萄色由来なので当たり前ですが。


 「ぶどう」はギリシア語由来だというのです。

 昔は「えび」だった「葡萄」という漢字の読みですが、ギリシア語の“botrus”が中国経由で日本に伝わっって「ぶどう」になったそうです。「えび」の読み方は生き物のエビに乗っ取られた形ですね。
 葡萄色(えびいろ)とは、やや紫を帯びた暗い赤である。葡萄酒の色をさす英語の色名ワインレッド(wine-red)の色に近い。 名前の由来はエビカズラ(山葡萄)からだそうです。

 詳しくは「コチラ


  梅雨の雨に打たれながら咲いているフェジョアの花の蕾が随分膨らんできました。
今年の6月は空梅雨になる予報ですが、植物は時期を間違えることがないようにDNAが形成されているようです。





 丁度1年前の5月27日に撮った写真がありましたので、アップしてみます。




 この前に買ったバイカウツギの純白の花が眩しい位です。








 




スポンサーサイト
【編集】 |  05:56 |  その他  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |