新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 某科への通院
2015.07/15(Wed)

某科への通院 

 
 昨日の、都心の最高気温は34.3℃、勿論今年の最高だったようです。この日の国内最高は館林の39.3℃だったそうでいよいよ真打ちの登場です。

 仙台でも最高33.6℃だったようです。まだ競技会に出ていた頃、東北地方なら涼しいのだろうと思っていました。年一回の旅行を兼ねて競技会に参加して、大変な暑さにまいったことがありました。仙台の競技会は毎年7月に催されるのです。首都圏が暑い時には仙台だって暑いのです。それも7月中旬ですから真夏も真盛りの頃です。


 以下、俗人の戯れ言です。

 今日は十ンん年通い続けている科に通院してきました。ただ薬を処方していただくだけですが、予約制なのに時間がかかってしまいます。
 診察(問診だけ)の待ち時間、精算の待ち時間、そして薬局の待ち時間です。この中で一番時間が掛かるのは薬局です。TVの番組で見たところでは、処方間違いを防ぐためにダブルチェック等を行っているのだそうです。毎回同じ薬ですから、もっと早くなりそうなものだと思ってしまいます。
 精算は都度コンピューターにインプットしているようですが、前回と同じ場合(コンピューターなら即座に分かります)は前回のデーターを呼び出すようにすれば良いのではないか、大部分の老齢の患者は、慢性病が多く、それもリピーターですからそれは可能ではないかと思ってしまいます。














 




スポンサーサイト
【編集】 |  11:49 |  その他  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |