新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) リハビリに行ってきました

05月≪ 2018年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2015.07/21(Tue)

リハビリに行ってきました 


  昨日の都心の最高気温は33.5℃だったそうで、甲府と館林は36.0℃だったようです。昨日は、一昨日の最高気温こそ超えていませんが、それでも大変な暑さでした。
今日も朝から照りっぱなしで、病院の露天駐車場に1時間強の間駐車していますと、車内は火傷すると思われる程の温度になっていました。


 リハビリでは仰向けだったり、俯せだったり、脇を下にして寝たりして施術を受けたのですが、その限りでは腰の痛み(主として左腰)はそれほど無くて、どちらかと云えば、イタキモチイイ、ような感じでした。腰以外で痛みを感じたのは太ももの表側が張って痛いことでした。体位によっては腰に痛みを感じないといえるのですが、それが立ち上がると痛み、歩き続けるともっと痛いというのが泣き所です。


 リハビリでは、歩くことだけが運動ではない、腰が痛くても出来る運動はすること、との身に染みるような言葉がありました。
というのは、私が、腰が痛くて散歩することが出来ないこと、やTVの健康番組で、健康年令の維持、高血圧やボケの防止等に、散歩それも通常の速度と早歩きのインターバル歩行が極めて重要なこと、が放送されていることを話しましたら、先の言葉が聞こえたわけです。リハビリを約40分位受けると、私の息が上がるのを見ての指摘でした。



















 




スポンサーサイト
【編集】 |  16:19 |  その他  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。