新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 診療情報提供書の件

10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2015.08/05(Wed)

診療情報提供書の件 


  昨日の東京都心の最高気温は35.1℃(練馬36.7℃)の猛暑日で、連続五日の猛暑となり、これは1875年に統計を取り始めてからの記録だそうです。あの館林は38.5℃の国内最高気温だそうです。

 毎日、最高気温について書いていますが、これは後日(後年)読み返した場合に参考になるのではないかと思っているからです。



 昨日はリハビリの日でしたので、「居宅介護サービス利用における診療情報提供書」を書いてもらうべく病院に行きました。受付でその趣旨を話しましたら、何と診察を受けなければダメだというのです。手術以来外来で通院していることを話してもダメでした。
結局、診察を受けたのですが、件の診察情報提供書に書き込んだ内容は、私が問診で話したその場の回答と全く同じ内容でした。(担当医とは別人の常勤の医者)

 こういう具合ですと、新しいケアーCでも最初に医者が診察するということですが、所詮は患者に問診した通りになりそうで、将に形式的なもので、そのために実費では数千円の保険料が無駄に使われているかと思う現状です。


















 




スポンサーサイト
【編集】 |  08:25 |  その他  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |