新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 超短期滞在の巻・ルームエアロバイク君

06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2015.09/01(Tue)

超短期滞在の巻・ルームエアロバイク君 


 昨日も涼しい一日でした。

 昨8月31日の東京都心の最高気温は24.1℃(練馬23.3℃)でした。毎回、高温を記録している、館林でも25.6℃、熊谷24.4℃、そして多治見は29.1℃でした。
 
 当地方は一日中どんよりした曇りの一日でした。


 昨8月31日の国内最高気温と高温の順位は、1位から5位まで、

1位沖縄南大東32.6を始め、10位沖縄旧東31.7まで7つを占め、残る3つはいずれも鹿児島県の地区

でした。


(一昨8月30日、
1位沖縄の地方~鹿児島~5位沖縄の地方、1位32.0、5位31.9

でいずれも鹿児島及び沖縄でした。)



 8月29日にnetで注文していた、ルームエアロバイクが○○○zon社から、一昨30日の10時半頃に届きました。
該品はデーケアーCで2回程使ってみて、これなら自宅で使ってもよいだろうと目星をつけたものでした。
早速組み立てに入りました。台座、右のペダルを組み終え、左のペダルを組み立てようとネジをあてがい幾ら嵌合しようとしても入っていかないのです。眼が悪い所為かと思って何度も見直しましたが、やはり嵌合できませんでした。
あらためて牡ネジを調べましたら、なんとネジ山が潰れているのでした。これでは組み立てられない筈です。
 ホームセンターでダイスを買って来て、ネジ山を切削修正すればよいのですが、ダイスの購入費や手間を考えると、それも馬鹿臭いと思いました。

  早速、netで○○○zon社の概品のページにアクセスし、クレームを申し立てようとしたのですが、その手順の分かりにくいことこの上もありません。やっと電話のかけ方がわかりました。電話も番号は表示されずに、netで電話を請求し、同社窓口から電話がかかって来るものでした。

 net通販は、最近は即日配達とか云って利便性を謳っていますが、こう云ったクレーム対応は遅れているのでは、最近よく云われる「日本のオモテナシ精神」に反しているのではないかと憤懣やるかたなしでした。
 概品はmade in○○、最近は国内製品の殆どはあちらの国製のようですが、昔の「安かろう悪かろう」の事を思い出させました。
あの国の品質管理はどうなっているのでしょうか。嵌合してみると一発で分かることですが、梱包された後では国内の取り扱い業者も、況してや○○○zon社は多分そこまでは検査しないことと思われます。
 或いは、メーカー段階では正常で、一旦購入した人が、誤ってネジ山を潰し、そのことを隠して返品し、それが今回のケースとなったことも考えられます。

  30日の午後には黒猫便で、返送の事と相成りました。当家滞在わずか数時間に「超短期滞在」となってしまいました。

次に注文するときに、この教訓をどう生かすか、net注文にはコメントを書くところ等無いと思われます。



9月1日16.30追記:

 本件につき、8月31日に返品発送しましたが、9月1日には返品が配送センタ-に着いたこと、及びそれに伴い返金手続きが完了した旨のメールを受け取りました。さすがIT企業だけに事務処理は迅速です。しかし、該品の欠陥についてのお詫びの言葉は一言もないのは如何なものかと思いました。



 




スポンサーサイト
【編集】 |  05:57 |  その他  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |